記事リスト

目的によって選ぶ

防犯カメラ

侵入防止や見守り

自宅にいる時に何らかのトラブルが起きた時、音などがすればわかります。しかし、自宅に誰もいないときにはわかりません。侵入者が留守を狙って入ってくる可能性がありますが、侵入者の心理としては入りやすいところを狙うとされます。この時に設置をしておくと良いのが防犯カメラです。一見犯人を撮影するための道具のように思いますが、それ以外に抑止力として使えます。侵入しようとする人が見つけたら、入りにくいと判断して侵入をやめてくれます。防犯カメラにはいろいろな種類があり機能も異なります。目的によって合うものを選ぶ必要があります。屋外タイプと屋内タイプがあり、屋内タイプは店舗の防犯などに役立ちます。基本的には防水機能などはありません。屋外タイプの防犯カメラは屋外に設置するタイプで、玄関などに取付けると侵入者の抑止力になります。こちらは風雨に耐えるタイプになっているので、どこにでも取り付けられます。それ以外にダミーの防犯カメラがあり、こちらは撮影機能はありません。防犯目的以外には見守りのために設置するときがあります。自宅に子供しかいないときの様子を見守りたいとき、ペットしかいないときの様子を見たいときなどに使います。タイプとしては室内用で、最近はネットワークカメラが登場しています。インターネット回線を通じて撮影した様子が見られるようになっているので、自宅以外からパソコンはスマホを使って自宅の様子が見られます。無線タイプなので設置も楽で、カメラから会話ができるタイプもあります。