記事リスト

開けてもらえない時

女性

自分を証明する必要

運転免許証の使い方として、自動車を運転するときに携帯するときがあります。携帯せずに運転をすると違法になるので注意しないといけません。それ以外に身分証明として使えます。運転免許証には顔写真の他、その人を特定するいろいろな個人情報があります。提示をして顔写真等を比較して問題が無ければ、その人自身としてその後の手続きをしてもらえます。金融機関などでは必要になることが多いですが、それ以外でも自分を証明しないといけない時があります。自動車の鍵を自動車の中に置き忘れて開けられない状態をインロックと言います。古くからあるトラブルですが、最近はインロック対策を施された車が多くなっています。カギが車内にある状態ではロックされない仕組みなどがあります。そんな中でもインロックは起こるので、その時は業者を呼ぶ必要があります。全国的に自動車トラブルに対応してくれている業者であれば、会員になっていれば無料で対応してくれます。会員でなくても有料で対応してくれます。インロックを解除してもらうときに必要になるのが身分証明書です。運転免許証の提示を求められることが多いため、準備をしておきましょう。よくあるのは、鍵と一緒に財布などもすべて車内に置き忘れた状態です。何とか業者を探してきてもらったものの、身分証明書がないために開けてもらえない時があります。車の持ち主と依頼主が一致しないと作業に入ってくれません。警察などに間に入ってもらって、自動車の所有者であることを証明してもらえば開けてもらえる時があります。